2023年4月19日

金属加工業界におけるM&Aの実態とは?業界の動向や流れについて解説

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

Twitter Facebook

近年では、金融加工業界においてM&Aの働きが活発化しています。

技術獲得や垂直統合を目的として、企業買収を検討している経営者もいるのではないでしょうか。

今回は、M&Aを検討している人向けに金属加工業界の概要や事例などを紹介します。

 

金属加工業界の概要

まずは、金融加工業界定義や特徴、業界の動向について解説します。

 

金属加工業界について

金融加工業界は、主に金属部品や製品の加工・製造を目的とした業界です。

この業界には、多くの企業が参入しており、金属製品の需要に応じた製品を提供しています。一般的に、金属加工業界は「金属加工業」「金属製品製造業」「鉄鋼業」に分類されます。

金属加工業界は、自動車、航空宇宙、建築、電子機器、医療機器、エネルギーなどの幅広い業界に影響を与える重要な産業です。また、金属加工業界は、高度な技術を必要とするため、技術革新に常に取り組んでいます。

昨今では、環境問題にも注目が集まっており、再利用可能な素材の使用や省エネルギーの工程開発など、環境に配慮した取り組みも盛んです。

今後も、金属加工業界は高品質な製品を提供するとともに、新しい技術や環境に配慮した取り組みを進め、持続可能な産業として発展していくことが期待されます。

 

金属加工業界の特徴

金融加工業界には、独自の製造技術を持つ優れた企業が多く存在します。

そのため、日本では「ものづくり産業」と呼ばれることもあります。金属の切削や曲げ、加工、表面処理などには高度な技術力が求められるため、金属加工業界には熟練した職人が多いです。

一方で、特定の製品に絞った製造をする中小企業や、受注生産を主に取り扱う企業も増えています。このような企業は、大量生産に比べて柔軟な対応ができるため、多様なニーズに応えられると人気です。納品先はメーカーが中心で、ピラミッド型の構造を取っています。

ほかの製造業に比べ、金属加工・金属製品製造業界は細かい注文に対応するため、現時点では海外生産にシフトしていない企業が多い状況です。ただし、コスト削減のため海外生産する企業も存在します。

 

近年における金属加工業界の動向

金融加工業界は、市況が経済動向に影響を受けるため、世界的な景気回復が見られる現在は、堅実かつ好調の会社が多いです。

一方で、金属加工業界には競合の増加や素材の価格推移などへの対応が課題です。

特に、中国をはじめとするアジア諸国の金属加工業界の台頭により、価格競争力が求められるようになりました。また、製造業の需要が増加する一方で、素材の価格高騰や調達の不安定さなどが生じているため、企業の経営に影響を及ぼす可能性もあります。

このような状況下において、金属加工業界の企業は、製品の品質向上や生産性の向上、環境対策など、多角的な取り組みが求められています。さらに、技術革新による付加価値の向上や、新たな市場開拓による収益拡大など、今後の展開に向けた戦略的な取り組みが必要です。

 

金属加工業界の課題

金属加工業界における課題として、海外進出への早急な対応が挙げられます。

海外市場に進出することで、新たなビジネスチャンスが生まれますが、海外からの競合も厳しくなるでしょう。そのため、海外進出することを見越した対応や、材料調達の経路を確保することが急務といえます。

また、IT化による生産性の向上も重要な課題です。金属加工業界においては、機械加工に必要な精度や生産ラインの効率化など、高度な技術力が求められます。そのため、生産現場のIT化によって、生産性の向上を図ることが必要です。

さらに、設備投資し、生産性を高めることで競合と差をつける必要があります。金属加工業界においては、高精度かつ高速な機械加工を実現するための設備投資が欠かせません。そのため、経営戦略の一つとして、設備投資によって生産性を高めることが求められます。

これらの課題に対して、金属加工業界の企業はグローバルな視野を持ち、多角的な取り組みを進めることが大切です。また、新たな技術やビジネスモデルの採用など、イノベーションにも積極的に取り組むことが必要でしょう。

金属加工業界におけるM&Aを行う背景

金融加工業界において、M&Aが行われる理由はさまざまですが、その一つに後継者問題の解決が挙げられます。

金属加工業界には、長年にわたって事業を営んできた老舗企業が多く、経営者が高齢化した場合、後継者不足に悩まされるでしょう。このような場合、他社とのM&Aによって、事業の継続を図れます。

また、将来性の不安解消や従業員の雇用を守ることもM&Aが行われる理由です。金属加工業界には、激しい競争や需要の変化により、業績不振に陥る企業もあります。そのような企業が他社と合併することで、生産性の向上や業務の効率化を図り、将来性に対する不安を解消し、従業員の雇用が守れます。

また、M&Aによって新規事業の開拓を目指す企業もあります。金属加工業界においては、自社で開発することが困難な技術や製品が存在すると、新商品の開発が進みません。そのような場合、他社とM&Aして技術や製品を取得することで、新規事業の開始を目指せます。

金属加工業界には、多くの中小企業が存在しますが、経営者の高齢化や事業継承の問題により、売却を検討する企業もあります。そのような場合、他社に事業を譲渡することで売却益を獲得可能です。

上述した通り、金属加工業界においては、M&Aが行われる理由は多岐にわたります。M&Aを通じて、企業の成長や事業の継続を図ることで、業界全体の発展に寄与することにつながるでしょう。

金属加工業界のM&A事例

次に、金属加工会社によるM&A・売却の実際の事例を3つ紹介します。

これらの事例から、金属加工会社がM&Aを行う目的や手法などがわかるでしょう。

 

【A社からB社への事業譲渡】

2022年3月、A社はステンレス鋼や高クロム鋳鉄製品の製造・販売事業をB社に譲渡しました。譲渡価格は明らかにされていません。

B社は主に各種ポンプ部品の製造・販売を行っている会社です。買い手はB社の親会社で、B社は譲渡を受けることで、ステンレス鋼や高クロム鋳鉄の調達納期の短縮、コストダウン、品質向上・安定化を狙っています。

 

【D社によるC社のM&A】

2022年4月、リチウムイオン電池用機構部品の製造で特許や意匠権を保有し、高い技術力と品質管理で顧客から高い評価を得ているC社はD社の連結子会社になることを決定しました。譲渡価格は明らかにされていません。

C社は株式譲渡したことで、金属精密プレス部品の製造、設計の権利を得たうえに、D社グループ内のプレス加工子会社と連携できるようになり、技術交流やノウハウの共有でシナジー効果が期待されています。

中期経営計画のビジョンである「総合企業」を加速し、企業価値向上に貢献することを目指しています。

 

【E社によるF社の買収】

2022年3月、京都市を拠点として金属製品の企画・製造・販売を手掛けているE社は、広島県福山市を拠点とし、締結部品(ネジ)、プレス品、樹脂成形品の仕入・販売を行っているF社の全株式を取得し、完全子会社化しました。

E社はF社を子会社化することで、事業体制の補強と販売エリアの拡張を目的としています。

金属加工業界がM&Aを行う際の流れ

次に、金融加工業界M&Aを決断した際、どのような手順で手続きを行えばよいか簡潔に解説します。

 

仲介業者への相談~依頼

M&Aを検討する際は、専門家に相談するようにしましょう。

特に、無料相談を実施している仲介会社に相談してみることがおすすめです。

仲介会社には、豊富な経験を持つ専門家が在籍しており、M&Aに必要な情報やさまざまなアドバイスを提供してくれます。

また、条件に合った専門家を見つけることができた場合は、手続きを依頼することも可能です。M&Aは複雑な手続きが必要であり、専門家のアドバイスを受けることで、スムーズかつ効率的な進め方ができます。早めの相談・依頼が成功につながることが多いため、検討を始めたら速やかに行動しましょう。

 

マッチング

M&Aの専門家が見つかれば、その専門家と協力しながらM&Aの相手企業を探します。M&Aによる企業間のマッチングは、会社をどう変えたいのか、目的をはっきりさせてから企業を選ぶことが大切です。

目的が明確でなければ、会社選びが不明瞭になり、M&Aが成功する可能性が低くなります。また、希望に添った企業を探すためにも、目標をしっかりと設定すべきです。

例えば、事業拡大や新技術の導入などの目的に合わせ、市場規模や技術力、生産設備の整備などを重視した企業選びを行うことが重要です。

 

条件交渉~契約締結

M&Aのマッチングが成立すれば、次は契約条件の交渉です。

この交渉は、M&Aの専門家である仲介業者が間に立って行います。仲介業者は、企業の現状や今後の見込み、M&Aによって得られるシナジーなどを考慮し、双方の合意に至るように交渉を進めます。

契約条件の交渉が終了すれば、トップ面談を経て、企業との経営方針の擦り合わせを行います。この擦り合わせは、両社のトップが直接会って行うことが一般的です。双方の経営方針が一致すれば、基本合意書を締結し、M&Aの最終契約に至ります。

M&Aの条件交渉と契約締結は、M&Aにおいて最も重要なプロセスの一つです。

交渉や契約締結には、多くの専門知識が必要であり、M&Aの専門家である仲介業者のアドバイスを受けながら進めることをおすすめします。トップ面談を通じて企業の経営方針を擦り合わせることで、M&Aの成功につながる最終契約が締結できるでしょう。

まとめ

金融加工業界におけるM&Aの実態は、近年急速に進んでいます。中小企業の業界再編や、大手企業のグローバル化に伴い、多くのM&Aが締結され成功を掴みました。

M&Aにおいては、自社の目的や戦略に合った企業を見つけることが重要です。そのためには、M&Aの専門家である仲介業者のアドバイスを受けたり、無料相談を行ったりすることが有効といえます。

M&Aベストパートナーズは、金属加工業界に精通した専門家が在籍する仲介業者です。M&Aに関する相談やアドバイスはもちろん、自社に合った企業のマッチングや契約締結まで、一貫してサポートしています。

M&Aに関するお悩みがある人は、事業承継のエキスパートである「M&Aベストパートナーズ」へぜひご相談ください。

著者

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

M&Aベストパートナーズのマガジン編集部です。

M&Aストーリー

M&Aを実施する目的や背景は多岐にわたって存在するため、
ひとつとして同じ案件や事例は存在しません。

Preview

Next

製造、建設、不動産、
医療・ヘルスケア、物流、ITのM&Aは
経験豊富な私たちがサポートします。