経営にコミットする喜び

M&Aを通じて、企業の課題を解決したい
もっと経営に深く携わり、
将来は経営者をめざしたい

同じ想いを抱く仲間ととともに、
従来の「マッチングして終わり」という
仲介がメインのM&Aの枠組みを超えるため、
私たちは一歩を踏み出しました。
譲渡企業と譲受企業がともに成長を遂げ、
一つ上のステージへと駆け上がり
日本の経営を、社会をより良く変えていくことが、
私たちのゴールです。

良きパートナーとして、
自らも主役となって、経営にコミットする。
M&Aを成功させ、お客さまの事業にプラスαの
価値や持続的な成長をもたらす。
そして、お客さまの企業経営における想いや、
在籍する社員の方々の幸せを実現する。
M&Aベストパートナーズなら、
そんなあなたの夢を叶えることが可能です。

MESSAGE 「成長と幸せを約束するM&Aが、
私たちの合言葉。

譲渡企業と譲受企業がつながる単なる「足し算」のマッチングではなく、
両者のシナジーが「かけ算」となってさらなる成長を生み、経営者や働く社員すべてが幸せになること。
そして、M&A市場のすそ野が広がり、日本の経営が底上げされ、
優れた経営人材が日本経済をもっと活性化させていくこと。

それが、私たちが思い描くM&Aの理想の未来です。

時には、上場を検討するお客さまのために、IPO支援に取り組める譲受先を一緒に探したり。
また時には、譲受企業のかわりに投資家を回って買収資金を確保したり。

私たちは、マッチング(仲介)だけではなく、上場支援・ファイナンス支援から
人材の採用・確保、事業のコンサルティングまで、経営のあらゆる側面からお客さまをサポートします。
さらには、自社による投資事業もスタートするなど、お客さまとともに企業価値を高め、
成長を遂げることを目指しています。「経営者と同じ視座に立ち」
「高い専門性を発揮し」「全力で経営にコミットする」。
その3つを併せ持ち、M&Aや事業の最大化につながるすべてのシーンで
最適な選択肢を提案できるのは、業界でも私たちだけです。

主体的に経営にコミットする意識や責任は、アドバイザーを着実に成長させてくれます。
でもそれは、あくまで通過点。
最終的に、一人ひとりが経営者として巣立ち活躍を遂げていくことも、私たちはとても大事にしています。
 一人ひとりが自らに磨きをかけ、相乗効果でさらに高い力を発揮し、喜ばれる喜びを実感できる存在になる。
それは、成功するアドバイザーや成長を続ける経営者の共通点です。
誠実に、全力で取り込み、何事も細部に至るまで自分事と捉え主役になっていく。
これまでもこれからも、私たちが求めているのは、そんな当たり前の行動姿勢を持つ仲間です。

scroll

PERSON 求める人物像

M&Aアドバイザーとして成功し、
経営者になるために

誠 実 徹底した顧客目線

お客様である経営者としっかり向き合い、徹底した顧客目線で寄り添うためになくてはならないのが「誠実さ」です。M&A業界では、成果報酬というビジネスの性質上、お客さまの不利益に目をつぶり、とにかくマッチングの成立を優先させるという事例も耳にします。しかし私たちは、「誠実に行動した結果こそが本当の成果へとつながる」「成果を出す人はいつも誠実である」と考え、それを信条としています。
財務・税務・法務など、M&Aには多くの知識が求められますが、私たちはさらに業界に特化し、誰よりもその業界のビジネスに詳しく、経験知や専門性を活かすことでも「誠実さ」を存分に発揮しています。

全 力 目標必達しプラスαを創り出す

M&Aが成立するかどうかは時の運もありますが、いつも「まだ、やれることはないか?」と考え、振り返った時に「全力でやり切った!」と言える行動の積み重ねがあってこそ、成功へと辿り着くことができます。
最初から最後まで一貫して、お客さまである経営者を上回る熱量で、細部に至るまで「全力でやり抜く」のが、私たちのスタンスです。厳しい言い方をすれば、全力は当たり前のスタンダード。そこからさらにプラスαの価値を創り出し、自分も成長できる人を、私たちは高く評価しています。

主 役 経営者目線の意思決定

経営にコミットするM&Aを通して、経営者と同じレベルの視座に立ち、やがては自らが経営者に育ってもらう事が、私たちの願いです。
オーナー経営者や上場企業の社長・役員クラスの方々と一緒に仕事をするM&Aプレーヤーは、成長する角度も非常に高くなります。ディールを進める責任者として、経営がうまくいく意思決定のマインドや仕組みづくりを学び取るチャンスがあります。職種にかかわらず、メンバー全員がそれぞれに任された仕事の「主役」として、自分が何をどうしたいのかという想いと行動を大事にして欲しいと思っています。

INTERVIEW MABPだから実現できる Make your dreams come true

徳丸 祐也

Person01

知識と情報をアップデートし続け、
いつも、経営者のベストパートナーに。

執行役員 / ヘルスケア事業部長
徳丸 祐也Yuya Tokumaru

Person01

知識と情報をアップデートし続け、
いつも、経営者のベストパートナーに。

執行役員 / ヘルスケア事業部長

徳丸 祐也Yuya Tokumaru

前 職
大手M&A仲介
前職実績
営業成績 上位 15%(15位/ 約100名)
モットー
「誠心誠意、寄り添うこと」

Evidence 1.

私とMABPにとってのM&Aとは?
仲介事業を経験して率直に思うこと

経営者様と同じ目線に立って判断の助言を
最良の提案を行う為に、
日々の自己研鑽は欠かせない。

M&Aの仲介会社には「この業界に専門性がある」と胸を張って言える、アドバイザーが少ないのが実情です。特定の業界に特化して、事業を展開するMABPは、むしろ珍しい存在ですが、それには理由があります。その道のプロである経営者様にも負けない、深い知識と広い視野を持つアドバイザーが揃っていることです。

私自身も、ヘルスケア業界に特化してきた専門家ですが、定期的な医療制度改正をはじめ、知識も情報も絶えずアップデートし、変化する経営環境を正確につかむ努力を重ねてきました。それが本当の意味で「経営者様に助言する、いい提案」につながるからです。MABPは、製造業や建設・不動産業に続く貢献のフィールドを、ヘルスケア業界にも広げていくところ。新たな挑戦で確かな役立ちを果たすことも、私の使命です。

Evidence 2.

M&Aを通してやりたいことは?
やりがいと役立ちを感じる瞬間

究極の経営判断に覚悟を持って寄り添う
多くの人生を支える、社会的意義のある仕事

取引の開始、人材の採用、新たな顧客・市場・ビジネスモデルの展開…。経営者様は日々、様々な経営判断を下していますが、その中でもM&Aは、一生に一度の「究極の経営判断」と例えられる重要な判断、その究極の判断に寄り添って、サポートをしていく私にも、相当の「覚悟」が必要になります。最近も、売上高10数億円の調剤薬局のM&Aをお手伝いしました。先代が急逝し、後を継いだ社長は、30代の優秀な薬剤師ですが、経営の経験がなく、自社単独で従業員を守るのは難しいと考えていました。譲受企業を探し出してM&Aに成功し、社長は個人保証、従業員は雇用の不安から解放され、60年余り続いた歴史も次代へ継承できました。そして私も、多くの人生をサポートするやりがいを、改めて実感しました。

M&Aの仕事にフォーカスすると、お客様それぞれにニーズや課題は違います。ただ一つの正解がないなかで、解決へと導くプロセスをどう描き出すか。財務や税務、法務の高い専門知識も必要で、努力や自己研鑽なくしては難しいのが現実です。でも、だからこそ「自分次第で何とかできる、やってみせる!」という矜持が大切だと思っています。そして努力の先には必ず、大きな喜びとやりがいが、役立ちの結果としてお客様からの感謝の言葉が待っています。

View

描き出していく展望は?
未来の私と新しい仲間へのメッセージ

「成長型M&A」を通して業界ナンバーワンへ。

社長も副社長も、大手M&A仲介会社に在籍していた時からの仲間でした。2人が起業したMABPに転職を決めたのは、常に顧客本位の仕事姿勢を大切にしており、「同じ想いで仕事ができる」と思ったこと。そして、MABPの強みである「成長型M&A」を通して、企業の発展・成長の一翼を担いたいと思ったからです。「成長型M&A」は従来の、会社を承継して終了、という切り口ではなく、現経営陣を中心に、新たなパートナー会社と、共に会社を成長させていくという新しい切り口です。今後は、企業が成長していく為の「手段」として、M&Aの選択肢が増えていくと考えています。

また、再編が進むヘルスケア業界に貢献する専門性の高いプロ集団を立ち上げ、そのリーダーとして自分の力を試す挑戦できることも、魅力でした。

将来的にはファンド業務も手がけて、経営者になれる人財を育てていくことも、MABPはビジョンに掲げています。M&Aを通じて自分を成長させたい、経営者になりたい。そんな意欲に溢れ、誠実に行動できる人、努力できる人と一緒に、いい仕事をして、M&A業界のナンバーワン企業へと育てていきます。

山口 大輝

Person02

信頼を得る充実感を味わいながら
「M&Aして、良かった!」という、納得と満足を。

M&Aアドバイザー
山口 大輝Taiki Yamaguchi

Person02

信頼を得る充実感を味わいながら
「M&Aして、良かった!」という、納得と満足を。

製造業・不動産業 M&Aアドバイザー

山口 大輝Taiki Yamaguchi

前 職
株式会社キーエンス
前職実績
営業成績 上位 5%(5位/ 約100名)
モットー
「一期一会」

Evidence 1.

私とMABPにとってのM&Aとは?
仲介事業を経験して率直に思うこと

お客様をWin-Winのランディングへと導く、
頼りにされる潤滑油として。

取引先・工程把握・事業内容――。製造業のM&Aで本当に「いい仲介」を実現するために、私が大切にしている3つの視点です。譲渡企業と譲受企業、互いのストロング&ウィークポイントを見極め、どこをどう伸ばせば成長できるのか。3つの視点でトータルに提案し、いまと将来性の俯瞰的な景色が見えるようにすることで、確かなシナジーを発揮できるからです。

裾野が広い製造業のM&Aで、特に大事なのが事業内容です。日本には、世界的にマーケットシェアを獲得できる可能性が高いメーカーが多いのが特徴です。いま、半導体関連部品メーカーM社と大手メーカーS社のM&Aを進めています。M社の事業は小規模ですが、世界シェアは70%を超え、S社が資本提携を望むストロングポイントになっています。一方で、外国人社員も数多く採用しグローバルに展開するS社は、さらに世界へ羽ばたこうとするM社にとって、とても魅力的な存在です。

求めるものをマッチングさせ、Win-Winにつながるランディングへ導くために、M&Aアドバイザーである私は、両社を動かす潤滑油的な存在だと思っています。疑問や知りたいことはもちろん、その背景などプラスαの情報や価値をしっかり伝え、最終的な選択と決断はお客様自身に委ねる。互いを理解し信頼しやすくして、「M&Aして、良かった!」と納得し、満足してもらえるお手伝いをして、頼りにされる。それが私の仕事です。

Evidence 2.

M&Aを通してやりたいことは?
やりがいと役立ちを感じる瞬間

大事に育てた会社の未来を、
「他の誰か」ではなく
「私の手」に託してもらえる充実感。

「山口さんが、譲受企業を探してください」。そう言って、アドバイザリー契約書にサインをいただく時に、最もやりがいを感じます。いい仲介ができてM&Aが成立し「任せて良かった!」と感謝いただく時も、達成感はあります。でもそれ以上に、最初に信頼を得たと実感できることの方が、充実感は大きいですね。

実は、契約直前にお客様を激怒させてしまったことがあります。決算資料や組織図、人員構成など、大量の開示資料の準備をお願いするのに、一方的にメールを送り付けてしまって…。お叱りを受けた後、改めて誠実にお客様と向き合うことで、「アドバイザリー契約は、あなたが初めてだよ」と、私に託していただきました。大事に育ててきた会社が存続する未来を、自分以外の誰かの手に委ねるのは、経営者にとって並大抵の決断ではありません。丁寧に真摯に、そして柔軟に。関係性を築く大切さを、再確認する転機になりました。

前職では先端機器メーカーのコンサルティング営業として、お客様の目の前にあるものづくりの課題を解決してきました。でもM&Aアドバイザーは製品や技術だけでなく、販売費や粗利益など財務的なこと、土地や建物の不動産も含めた資産など、全社的な企業価値を判断する必要があります。世の中全体を見渡し、的確な情報を提供する工夫。何がどう、プラスを生む要因になるかを紐解く知見。ものづくりの白地図にどんどん色を塗るイメージで、磨きをかけています。「こんなにいい製品や技術があるんだ!」と新たな発見ができるのも、密かな楽しみになっています。

View

描き出していく展望は?
未来の私と新しい仲間へのメッセージ

みんなが自発的に動き、成長できる舞台で
私自身も経営者を目指す。

深刻な社会問題である、経営の後継者不足の解決に貢献できること。多様な企業に携わり、いつも新鮮な気持ちで仕事ができること。事業経験豊かな経営者と間近に接し、想いや哲学に触れて自分が成長できること…。M&Aは意義ある仕事というだけでなく、いろんな醍醐味や楽しさも味わえます。

また、MABPには「自分も、経営者になりたい!」という仲間が揃っていることも魅力です。私も将来、自立した経営者になり、社員一人ひとりが活躍できる企業をつくり育て、成長させていきたいと考えています。「自発的に動ける人になる」というMABPの理念は、私が目指す姿にピタリとマッチングしています。仕事がやりやすく日々が充実しているのは、当然かもしれません。

製造業の専門性を高めながら、法務や税務の知識、不動産業のM&Aで実績豊富な上司や仲間の知見も吸収して、総合的な判断力を培っていきたいですね。役立ちを実感しながら学び続けることができる会社ですし、日々の弛まぬ努力が必ず成果につながる、と確信できる舞台がありますよ。

徳丸 祐也

Person03

業界に特化するからこそ、
深い知識と広い視野で
“本物の提案”ができる。

M&Aアドバイザー
前田 泰一Hirokazu Maeda

Person02

業界に特化するからこそ、
深い知識と広い視野で
“本物の提案”ができる。

建設・不動産業 M&Aアドバイザー

前田 泰一Hirokazu Maeda

前 職
三井住友銀行
前職実績
営業成績上位3%(1位/ 約30名)
モットー
「準備を大事に、想いを一つに」

Evidence 1.

私とMABPにとってのM&Aとは?
仲介事業を経験して率直に思うこと

業界動向・ニーズを捉え、
徹底した事前準備で
高いマッチングを提案する。

私は大学時代、アメリカンフットボール部に所属していました。アメリカンフットボールは「戦略のスポーツ」と呼ばれます。対戦相手を研究し、1試合で200超のプレーを準備。場面ごとに最も効果的なワンプレーを選択します。また、プレーヤーの役割が分業で成り立っているため、協力しながら思いを一つにし、チームビルディングを行わなければなりません。私は部活動を通じて準備の大切さを学び、準備力を磨き続けました。大学日本一に輝けたのは、日本一の準備を行った結果だと自負しています。

そして、その準備力はいまの仕事にも確実に活きています。仕事における準備力とはつまり、業界の動向やお客様の経営状況について、事前に調査・分析することです。たとえば建設・不動産業界では昨今、大規模修繕工事や内装工事関連のM&Aが増えていますが、そういった情報をインプットした上で譲渡企業と譲受企業それぞれのニーズを見極め、マッチングのシミュレーションを行うのです。そして、お客様から信頼を得るアドバイザーになるためには、まずは準備を徹底し、「そこまで見てくれているのか!」「当社のことを考えて動いてくれているんだなぁ」と感じてもらう必要があります。

ベンチャー企業のMABPは、アドバイザー一人ひとりの裁量権が大きく、個人の発想力と行動力でお客様をゴールへと導く醍醐味が味わえます。今後も私は、徹底した準備によってお客様からの信頼を勝ち取り、建設・不動産業界に特化した専門知識とマッチング力で数多くのM&Aを成立させていきます。

Evidence 2.

M&Aを通してやりたいことは?
当事者意識を持って助言する。

最初から最後まで
経営者と向き合い、
責任ある立場で当事者意識を持って、
助言できる。

管工事・電気工事・内装工事といった専門企業への分離発注から、大手1社にすべてを頼む一括発注へ。建設業界のトレンドはそんなふうに変わりつつあります。ただ、大手企業が自前で専門工事を担うにはまだ時間がかかり、専門企業もまた、事業承継や将来展望に悩んでいます。そのような双方の課題を解決するのが、私たちの仕事なのです。

私が取り組んでいる店舗内装工事の譲渡企業H社様も、まさにその一例。経営者が決断を下すとともに、その決断のタイミングも重要だと提言しています。自らの手で懸命につくり育てた会社なので、なかなか結論に至らないのは当然のこと。しかし、時流や市場ニーズが絶えず変化するなかで、確かな企業価値を活かすタイミングを逸すると、廃業しか選択肢がない、ということにもなりかねません。

銀行で経営・資金調達のコンサルティングをしていたとき、融資は5年先の経営の姿を描いていました。M&Aの場合、10年先まで見通さなければならないと思っています。また、M&Aは最初から最後まで一気通貫でお客様を担当し、経営者と膝詰めで商談することになります。見据える時間軸が長くなり、持続的な関係性も高まって、やりがいはずっと大きくなりました。今後は、グローバルな動きを敏感にキャッチするスキルを身につける必要があると感じています。

View

描き出していくのは、こんな姿!
未来の私と新しい仲間へのメッセージ

良いお手本を間近で学び、
「格好よく、信頼される」自分へ。

大手M&A仲介企業のトップだった社長と副社長は、私にとっての良いお手本です。そんなおふたりと一緒に仕事ができ、間近で学べるMABPは、大手以上に成長のチャンスがあると実感しています。また、企業理念の「経営者を日本一、輩出していきたい」との想いに共感し、私はMABPへの入社を決めました。将来的には、新しいビジネスを手がけるという夢を、必ず叶えたいと思っています。

M&Aアドバイザーとして様々な経営者と話をするなかで、どんなビジネスにチャンスがあるのかを探っていくのは、とても楽しいことです。いまの自分の成長にも、将来の夢にも、ヒントの塊と言える仕事と環境がある。私のように経験ゼロから始めても、努力さえ怠らなければ、自分らしさを発揮しながら実績をあげることができるのです。

私の目標はM&Aアドバイザーとして、年間5件以上の成約をすること。それは、M&A業界でトッププレーヤーになることを意味します。それくらい高い目標を持ってこそ、格好いい自分に、そして信頼される自分になっていけると思っています。

ADVISOR MABPアドバイザー Advisor type

Q1.前職での成績は?

成績優秀者(上位5%以内)が約90%と大半!

Q2.MABPでの仕事の魅力は何ですか?

高いレベルの経営者と接するため
圧倒的な自己成長が可能

Q3.10年後の目標・野望を教えてください。

経営者を志す人材が集結

INFORMATION 募集要項 Application Requirements

  • M&A
    アドバイザー
  • CMO候補
  • 士業・専門家
  • アシスタント
    スタッフ
  • 投資事業
    スタッフ
仕事内容 M&Aを中心とした経営戦略コンサルティングを、一気通貫で行っていただきます。
 -M&A対象企業の探索・提案
 -企業価値評価の実施、企業分析
 -デューデリジェンス及びクロージング支援
応募資格

未経験者

  • 営業職で圧倒的に上位の実績をあげた方(上位5%以上)
  • 何かに打ち込んで上位の実績をあげた方

経験者

  • M&A仲介会社での営業職経験のある方(成約3件以上)
経験・資格
  • 将来、会社を経営したいと考えている方
  • 成長意欲が高く、仕事に前向きな方
  • 大手企業の年功序列に不満を持っている方
  • 簿記の資格や知識をお持ちの方
勤務予定地 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8階 
給与

未経験者

360万円+インセンティブ
 -インセンティブ率は、最大40%(業界最高水準)となっております。
 -1件成約で約300-500万円前後のインセンティブ、年間3件の成約で年収1500~2,000万円程度
 -インセンティブに上限はありません
 -交通費全額支給

経験者

固定給(応相談)+インセンティブ
 -インセンティブに上限はありません
 -交通費全額支給

昇給 年1回
勤務時間 10時00分~19時00分
休日・休暇 完全週休2日制(土日・祝)、年次有給休暇、慶弔休暇、アニバーサリー休暇など
仕事内容 マーケティング・PR責任者として、以下の業務を行って頂きます。
 -M&Aコンサルティングサービスのグロース戦略立案
 -マーケティング戦略の立案と実行
 -オウンドメディアの立ち上げ
 -メディアアライアンスの推進
 -その他、PR・ブランディング戦略の立案と実行
応募資格
  • マーケティングの実務、業務経験がある方
  • BtoBサービス企業におけるご経験がある方
経験・資格
  • 将来、会社を経営したいと考えている方
  • 成長意欲が高く、仕事に前向きな方
  • 大手企業の年功序列に不満を持っている方
  • ベンチャー企業等で、マーケティング部署の立ち上げを経験された方
勤務予定地 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8階 
給与 応相談
昇給 年1回
勤務時間 10時00分~19時00分
休日・休暇 完全週休2日制(土日・祝)、年次有給休暇、慶弔休暇、アニバーサリー休暇など
仕事内容 M&Aを中心とした経営コンサルティングを行って頂きます。
 -企業価値評価のレビュー
 -M&Aスキーム検討(組織再編・相続)
 -デューデリジェンスの支援(財務・税務・法務・ビジネス)
 -契約書のレビュー(株式譲渡・株式交換・事業譲渡その他)
 -法定手続き書類のレビュー(登記関連事項への対応)
応募資格
  • 会計士・税理士・弁護士・司法書士の資格をお持ちの方
  • 財務・税務・法務いずれかの領域でM&A実務をご経験された方(資格不問)
経験・資格
  • 将来、会社を経営したいと考えている方
  • 成長意欲が高く、仕事に前向きな方
  • 大手企業の年功序列に不満を持っている方
  • M&Aの実務経験がある方
勤務予定地 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8階 
給与 応相談
昇給 年1回
勤務時間 10時00分~19時00分
休日・休暇 完全週休2日制(土日・祝)、年次有給休暇、慶弔休暇、アニバーサリー休暇など
仕事内容

営業事務もしくはCRMスタッフとして、以下の業務を行っていただきます

営業事務

 -M&Aアドバイザーの営業支援
 -総務事務の社内業務
 -その他、バックオフィス業務全般

CRM

 -顧客管理システムの構築・改修(Salesforce)
 -顧客データ・マーケティングデータの管理・分析

応募資格
  • Excel/Powerpoint等、基礎的なPC操作スキルを有する方
  • 時間及び約束を遵守する方
経験・資格
  • 成長意欲が高く、仕事に前向きな方
  • 簿記・情報処理の資格や知識をお持ちの方
  • 事務職・社内SE経験をお持ちの方
勤務予定地 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8階 
給与

経験者

240万円以上 + 賞与年2回
 -賞与は、個人評価及び会社業績に応じて支給致します(~最大6ヵ月分)

昇給 年1回
勤務時間 10時00分~18時30分 ※応相談(時短勤務も可)
休日・休暇 完全週休2日制(土日・祝)、年次有給休暇、慶弔休暇、アニバーサリー休暇など
仕事内容 バイアウト投資、ベンチャー投資における投資担当者として、以下を行っていただきます。
 -案件発掘
 -デューデリジェンス
 -投資実行
 -ハンズオンによる投資実行先の経営支援
 -出口戦略の実行支援(IPO・M&A)
応募資格
  • 投資会社での勤務経験を有する方
  • 事業会社の投資部門での勤務経験を有する方
  • 経営コンサルティング会社での勤務経験を有する方
  • 事業会社の経営企画等、経営補佐としての経験がある方
経験・資格
  • 将来、会社を経営したいと考えている方
  • 高度な金融知識を有する方
  • ビジネスに対する幅広い知見を有する方
  • チームメンバーを率いてプロジェクトを完遂した方
勤務予定地 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル8階 
給与 応相談
昇給 年1回
勤務時間 10時00分~19時00分
休日・休暇 完全週休2日制(土日・祝)、年次有給休暇、慶弔休暇、アニバーサリー休暇など

ENTRY エントリーフォーム Entry form

書類選考の上、採用担当者から選考結果をご連絡致します。
応募の秘密は厳守します。なお、応募書類は返却いたしませんのでご了承下さい。

氏名

メールアドレス

業種選択

履歴書・職務経歴書を添付

×

×

志望動機


メールが届かない方へ

お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。
【recruit@mabp.co.jp】からのメールを受信できるように設定してください。

※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。

電話で相談する