2024年5月28日

50歳アーリーリタイア成功の秘訣!経験者が教える資金計画と心構え

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

Twitter Facebook

50歳アーリーリタイア成功の秘訣!経験者が教える資金計画と心構え

アーリーリタイアに興味がありますか?早期退職とも呼ばれるアーリーリタイアは、50歳での退職を目指します。

50歳でのリタイアには、多くの準備と戦略的な計画が必要です。本記事では、アーリーリタイアのメリットとデメリット、必要な資金の準備方法、健康管理、そして成功への心構えまで、詳細にわたって解説します。

アーリーリタイアとは

「アーリーリタイア」とは、定年を迎える前に職を退いて自由な時間を楽しむ生活スタイルを指します。これは通常の退職年齢よりも早く仕事を辞めることであり、早期リタイアとほとんど同じ意味を持ちます。一般的に、50歳前後で退職を目指す人が多いです。この目標を達成するためには、貯蓄や投資により安定した収入源を確保し、緻密な老後資金計画を立てることが必須です。アーリーリタイアは自由な時間を提供しますが、収入減少や将来に対する不安も伴いますので、慎重な計画が必要です。

アーリーリタイアのメリット

アーリーリタイアのメリット

一昔前なら、定年退職が一般的でした。近年アーリーリタイアが注目されているのは、どのようなメリットがあるからでしょうか。

人生の自由度が高まる 

アーリーリタイアの最大のメリットは「人生の自由度が高まる」ことです。通常の退職年齢より早く仕事を辞めることで、時間に縛られず、自分にとって価値ある活動に専念できます。自己実現の機会が増え、幸福感が高まり、充実した人生を送ることが可能です。また、ストレスが減少し、日常の小さな楽しみが増えることも大きなメリットです。アーリーリタイアは自分の時間を自由に使えるため、より多くの人が50歳前後での退職を目指すようになっています。

ストレスフリーな生活が送れる

アーリーリタイアによってストレスフリーな生活を送ることも大きなメリットです。職場の日常的なストレス、通勤のストレス、職場の対人関係や政治から解放されることで、心理的なプレッシャーが大幅に軽減されます。これにより、精神的および身体的健康が向上し、自分のペースでリラックスした生活を送ることができます。アーリーリタイアによって得られる自由は、生活の質を根本から改善し、人生の新たな章を開くきっかけとなります。

趣味や家族サービスに時間を使える

アーリーリタイアによって、仕事から解放されることで、自分の時間を自由に使えるようになります。趣味に没頭したり、家族との絆を深めたりする時間が格段に増えます。ガーデニング、絵画、音楽、スポーツなど、様々な趣味を追求できるだけでなく、子どもや孫との関係を密接に築いたり、家族旅行を楽しんだりすることも可能です。ボランティア活動を通じて地域社会への貢献もでき、精神的な充実感や幸福感を得られるでしょう。アーリーリタイアは、自己実現と家族との豊かな関係を築くための素晴らしい選択肢と言えます。

アーリーリタイアのデメリット

理想に思えるアーリーリタイアにも、メリットがあれば、当然デメリットもあります。この章では、アーリーリタイアを決断する前に知っておいてほしいデメリットをご説明します。

収入源がなくなる

アーリーリタイアを考える際、収入が途絶えることは大きな問題です。50歳で退職すると、定期収入がなくなり、生活が厳しくなる可能性があります。生活費や医療費を支払うためには、貯金や投資が不可欠ですが、これが不足すると経済的困難に陥るかもしれません。

老後の生活費の心配がある

アーリーリタイアを実現するためには、相当な貯蓄が必要です。リタイア後の生活費に対する不安も大きな課題です。例えば、公的年金の受給開始までに数年から十数年かかることや、健康保険や介護保険の自己負担額が増加する可能性があります。アーリーリタイアを検討する際は、生活費だけでなく、社会保障費も視野に入れた資金計画が非常に重要です。

人生設計が難しくなる

アーリーリタイアを決意したら、収入、生活スタイル、貯金の額を事前に計画することはもちろん、結婚や子育てなどの人生イベントまで考慮する必要があります。さらに、健康状態の変化や経済的変動など予期せぬ事態への対策も必須です。アーリーリタイア後は定期収入が途絶えるため、通常なら困らない場面でも経済的に苦しむ可能性が高まります。計画中のアーリーリタイアについては、状況に応じて計画の修正が必要となるかもしれません。アーリーリタイアは短期間で達成できるわけではなく、長期にわたる計画が必要ですが、人生は予想通りに進むとは限らないため、人生設計が複雑になる可能性は高いでしょう。

50歳アーリーリタイアに必要な資金

50歳でアーリーリタイアを目指す場合、必要な貯蓄額は1億数千万円に及びます。この金額は日常の生活費、医療費、緊急時の支出、趣味や旅行費用を含む全費用をカバーするためのものです。アーリーリタイアに向けた金銭的準備は30代から推奨され、公的年金の受給開始までの間を支えるためには十分な投資収入の確保が求められます。インフレや経済変動を考慮した資金計画とリスク管理が不可欠であり、これらを怠ると将来的に資金不足に陥り、経済的な不安を招くことにつながります。

資金計画の立て方

前章で述べたように、50歳までに相当額の貯蓄が必要です。では、どのように貯蓄すればよいのでしょうか。この章では資金計画の具体的な方法について詳しく説明します。

目標金額の設定

資金計画で「目標金額の設定」は退職後の生活を安定させる上で欠かせません。まず現在の生活費をもとに、将来必要な日常的にかかる出費を試算します。これには食費、住居費、光熱費などの固定費や娯楽費が含まれます。さらに、年齢と共に増える医療費や緊急時の支出に備える金額も加えます。インフレを考慮して将来の購買力が落ちないようにすることも重要です。また、退職後の収入源として、投資や賃貸収入などを計画に含め、これらがどれだけ生活費に貢献するかも検討します。これにより、長期にわたる退職生活のための資金目標を定め、安定した生活基盤を築きます。

投資と貯蓄のバランス

アーリーリタイアを目指す場合、約1億2,000万円から1億6,000万円の貯蓄が必要です。仮に40歳からアーリーリタイアを考え始めると、貯蓄0円から10年間で1億6,000万円を貯める計画が必要で、これは年間1,600万円、月に約135万円を貯蓄することを意味します。これだけの金額を毎月貯金するのは容易ではありませんが、適切な投資戦略を通じて運用益を得ることで、必要な貯蓄額を減らすことが可能です。また、投資を行う際にはリスク許容度や市場動向を考慮しながら資金計画を立て、緊急資金として生活費の3ヶ月から6ヶ月分を確保すること、さらに株式、債券、不動産への投資を分散してリスクを抑え、資金の安定性と成長性を確保し、アーリーリタイア後の安心した生活へとつなげることが重要です。

税制優遇制度の活用

資金計画において、「税制優遇制度」を活用することも、資産形成を効率的に進めるために重要です。例えば、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISA(少額投資非課税制度)など、投資に関わる税負担を軽減できる制度があります。これらの制度を利用すると、積立投資時の税金が免除されたり、所得税が控除されたりするため、手元に残る資金が増え、長期的には資産を築きやすくなります。資金計画を立てる際は、これらの税制優遇を積極的に活用して、より効果的に資産を増やしましょう。

アーリーリタイア後の生活設計

アーリーリタイア後の生活設計

アーリーリタイアを決める前に、リタイア後の生活設計を立ててみましょう。

考えなければならない重要ポイントが幾つかあります。

収入源の確保

退職後も経済的自立を保つため、貯蓄の利子、投資収益、不動産収入などが主な収入源となります。また、税金やその他の出費を含め最低でも年間約160万円で、80歳まで生きると仮定すると、以下の金額が必要です。このため、収入計画はアーリーリタイア後の生活の質を大きく左右するため、退職前に十分な計画を立てることが推奨されます。

年代年間支出額80歳までの支出
30代160万円約8,000万円
40代160万円約6,000万円
50代160万円約4,800万円

あくまで上記は独り暮らしで質素な生活をした場合の支出額です。家族がいたり、趣味がある場合には、支出や税額も大幅に変わることをご留意ください。

健康管理の重要性

アーリーリタイアの大きなメリットの一つは、仕事によるストレスから解放されることです。これにより体調不良や病気のリスクが減少し、より健康的な生活を送ることが可能になります。アーリーリタイアにより自由な時間が増え、健康維持活動にも余裕を持って取り組むことができます。適切な運動やバランスの取れた食事を心がけることで、長期的に安定した生活を享受し、アクティブなセカンドライフを送ることが可能です。

人生設計のアドバイス

現代日本では自分の好きなことに没頭できる人は珍しいですが、アーリーリタイアはそうした機会を提供します。リタイア後は、自由な時間を活用して趣味、学び、ボランティア、旅行などに熱中することができます。これにより、充実感のある日々を過ごし、人生の新たなステージを豊かに彩ることが可能になります。

成功する心構え

アーリーリタイアが成功するかどうかは、資金だけの問題ではありません。気持ちの問題もまた大切です。この章ではアーリーリタイアを成功させるための心構えについてご説明します。

ライフスタイルの見直し

アーリーリタイアを成功させるためには、「ライフスタイルの見直し」が非常に重要です。収入が減少する可能性が高いため、早いうちから支出を見直し、不要な支出を削減することが必須です。年間の支出額とその支出が何年続くかを把握し、それに基づいて資金や貯金を準備する必要があります。シンプルなライフスタイルにすることで、少ない資源で満足を得られ、経済的な余裕を持続させることが可能です。趣味や娯楽の選び方も含め、コスト効率の良い生活スタイルを構築することが、アーリーリタイアの成功と長期的な安定を支える基盤となります。

ストレス対策

ストレス対策として、リタイア前に趣味を見つけることが大切です。ただし、高額な費用がかかる趣味は避けるべきです。金銭的負担の大きい趣味はリタイア後の生活資金を早く減らす可能性があるため、お金のかからない経済的な趣味を見つける必要があります。シンプルでコスト効率の良い生活スタイルが、アーリーリタイアの成功につながります。

前向きな姿勢

アーリーリタイアで成功するためには、「前向きな姿勢」が重要です。退職後の生活には、新しい環境や日常に順応する柔軟性と積極的な心構えが求められます。変化に対して前向きに取り組むことで、困難や予期せぬ問題にも対応しやすくなります。また、趣味のサークルに参加することで、孤独感が減り、生活が有意義になります。前向きな姿勢は、自己成長を促進し、新しい趣味や社会活動への参加を積極的に楽しむ原動力となります。

まとめ

アーリーリタイアを成功させるためには、約1億円の資産を準備し、計画的に進めることが必要です。自由な生活やストレスフリーな日々、趣味や家族との時間を増やすなどのメリットがありますが、収入源の喪失や老後の生活費に対する不安などのデメリットも考慮する必要があります。リタイア後の生活設計には、収入源の確保、健康管理、前向きな姿勢が不可欠です。本記事を参考に、理想のアーリーリタイアを実現してください。

著者

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

M&Aベストパートナーズのマガジン編集部です。

M&Aストーリー

M&Aを実施する目的や背景は多岐にわたって存在するため、
ひとつとして同じ案件や事例は存在しません。

Preview

Next

製造、建設、不動産、
医療・ヘルスケア、物流、ITのM&Aは
経験豊富な私たちがサポートします。