2023年10月31日

ヘルスケア業界におけるM&Aの動向とは?実施するメリットや事例についてご紹介

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

Twitter Facebook
ヘルスケア業界におけるM&Aの動向とは?実施するメリットや事例についてご紹介

近年、ヘルスケア業界は「成長産業」といわれ、さまざまな企業が参入しています。

今後、ヘルスケア業界への参入を検討している人にとって、ヘルスケア業界におけるM&Aの動向について気になる人もいるでしょう。

この記事では、ヘルスケア業界内でのM&Aの動向と、実施することによるメリットについて解説します。

また、M&Aの事例についても解説するため、ヘルスケア業界におけるM&Aについて知りたい人は参考にしてください。

ヘルスケア業界の現状

ヘルスケア業界の現状

ここでは、ヘルスケア業界の現状について解説します。

 

ヘルスケア業界の市場規模

ヘルスケア業界は、「成長産業」であり市場規模の拡大が見込まれる業界です。

経済産業省 によると、ヘルスケア業界の市場規模(2017年調査)は、2016年は約25兆円、2020年は約28兆円、2025年には約33兆円になると推計されています。

(引用元:経済産業省│第1回新事業創出WG事務局説明資

こうした背景には、高齢化に伴う医療費の高騰や介護サービスの拡大が考えられるでしょう。ほかにも、AIやIoTといったテクノロジーとの組み合わせ、ジェネリック医薬品の普及などの要因もあります。ヘルスケア業界の市場規模の拡大は、日本だけではなく海外も同様です。

 

注目を集める新しい技術

ヘルスケア業界の市場規模が拡大している理由として、新しい技術の登場が挙げられるでしょう。最新のIT機器、IoT機器を活用した、いわゆる「デジタルヘルス」は、新たな医療として注目を集めています。

また、普段から心拍や呼吸、脈拍を管理してくれる「スマートウォッチ」といった、デジタルによる健康管理が普遍的なものとして受け入れられつつあるというのも現状です。今後、テレメディシンや医療ITの発展により、医療の在り方はさらに変化を続けていくと考えられるでしょう。

 

ヘルスケア業界の課題

ヘルスケア業界は、成長途上にありますが課題もあります。

例えば、高齢化による医療費の増大は、ヘルスケア業界がかかえる課題の一つです。医療費が増大する原因として、国民の健康意識の低さが挙げられるでしょう。

病気になってから病院に通うのは、健康意識が低い人の特徴です。健康意識が高い人であれば、フィットネスや健康食品などを活用し、病気になる前に予防します。フィットネスや健康食品などは、ヘルスケア業界の一つであり、医療費を削減するためには、こうした会社が国民に健康意識の向上を訴求する必要があるでしょう。

また、人手不足は、ヘルスケア業界に限らず多くの業界で問題視されています。今後、ヘルスケア業界の市場規模が拡大していくなかで、人材不足の解消は大きな課題となるでしょう。

ヘルスケア業界におけるM&Aの動向

ここでは、ヘルスケア業界におけるM&Aの動向について解説します。

 

大手企業によるM&Aの増加

近年、ヘルスケア業界では大手企業によるM&Aが増加しています。この背景には、市場規模の拡大による他社との競争の激化に備えていることが考えられるでしょう。

例えば、特定の地域に特化した中小企業は、大手企業にとって魅力的です。既にその地域でのシェアを持つ中小企業を買収すれば、短期間で参入でき、競争力強化にもつながります。

一方の中小企業は、大手企業のシェア拡大の動きにより厳しい状況におかれるでしょう。そのため、大手企業から買収され、経営基盤の強化を狙う企業が増加しています。

 

他業種からのM&Aが増加

近年では他業種からヘルスケア業界へ参入する企業も増えています。

この背景には、市場規模拡大の見込みや、開発コストのかからないジェネリック医薬品の普及などが考えられるでしょう。

M&Aによって、ヘルスケア事業を行う企業を買収することで、新規参入にかかる時間やコストを低減できます。

ヘルスケア業界におけるM&Aのメリット

ヘルスケア業界におけるM&Aのメリット

近年、ヘルスケア業界におけるM&Aが活発化していますが、実施することでどのようなメリットを得られるのでしょう。

ここでは、ヘルスケア業界におけるM&Aの4つのメリットについて解説します。

 

メリット1 事業拡大や多角化による市場シェアの拡大

ヘルスケア業界におけるM&Aのメリットとして、事業拡大や多角化による市場シェアの拡大が挙げられます。

これまで特定の分野のみを展開してきたヘルスケア企業が、M&Aにより別の分野を展開するヘルスケア企業と統合することで、事業の拡大や多角化を実現できるでしょう。さらに、M&Aを実施した企業の顧客や取引先なども引き継ぐことができるため、市場シェアの拡大が見込めます。

これにより、競争力が向上し、ヘルスケア業界内での地位が強化されることは、企業にとって大きなメリットでしょう。

 

メリット2 新しい技術やノウハウの取得

M&Aにより、新たな技術やノウハウを取得できるという点もメリットの一つでしょう。

医療・ヘルスケア分野における技術の発展は目覚ましいものです。特定の分野における技術・ノウハウを蓄積していても、別の分野における技術・ノウハウが不足していると、競争力の低下を招く恐れがあるでしょう。

また、他業種から参入した企業にとっては、ヘルスケア業界における新技術やノウハウがほとんど蓄積されていないというケースも珍しくありません。

今後、他社との競争が激化するヘルスケア業界において、M&Aにより新しい技術やノウハウを取得できることは大きなメリットといえるでしょう。

 

メリット3 経営効率の向上

経営効率の向上が期待できるという点も、ヘルスケア業界におけるM&Aのメリットの一つです。

特に売り手側企業は、経営状況が不安定であり、これを解消するためにM&Aを実施する企業もあるでしょう。

M&Aにより、資本力のある大企業の傘下に入ることで、その資本力を背景に、経営効率を向上できる可能性が高まります。そのため、M&Aにより経営効率を向上できることは、売り手側企業にとって大きなメリットといえるでしょう。

 

メリット4 企業のリスク分散

M&Aにより企業のリスク分散が可能となることもメリットの一つです。

例えば、ヘルスケア業界で事業を展開している企業とM&Aを実施することによって、法務関係、特許関係に関するリスクを低減できます。

さらに、人材不足や後継者不足などのリスクを低減させることもできるでしょう。

ヘルスケア業界におけるM&Aの事例

ヘルスケア業界におけるM&Aの事例

M&Aベストパートナーズでは、ヘルスケア業界におけるM&Aの事例もあります。

このときに対象となった企業は、株式会社JYU-KEN様です。株式会社JYU-KEN様は、一般建設業や不動産仲介業、飲食事業、コンサルティング事業、ヘルスケア事業などさまざまな事業を展開する会社です。

ヘルスケア事業では、通販オリジナルブランド「Muku」を立ち上げました。Mukuでは、アレルギー性皮膚炎や皮膚疾患で悩む人に向けた完全無添加の美容液を開発・販売しました。

美容液の売上は順調に伸びていましたが、さらに販路を広げて全国にこのブランドを浸透させるには、現状の会社の規模や資本力では厳しいと感じM&Aを検討し、譲渡先としてイワキ株式会社様を紹介されました。

イワキ株式会社様は、アステナグループの一員であり、一般用医薬品・化粧品・食品材料の販売、医療機器の製造・販売などを展開する会社です。

イワキ株式会社様は、最終製品だけではなく原材料も取り扱っているため、Mukuブランドとのシナジー効果に期待できました。さらに会社規模や資本力も大きく、Mukuブランドの販路を拡大するために申し分ない会社でした。

その後、株式会社JYU-KEN様とイワキ株式会社様は、M&Aによりヘルスケア事業の事業譲渡契約が締結されました。

まとめ

まとめ

ヘルスケア業界は成長産業といわれ、今後、市場規模の拡大が見込まれている業界の一つです。

こうした背景により、大手企業によるM&Aや他業種からのM&Aなどが増加しています。また、このような動きは今後も増加する見込みです。

ヘルスケア業界におけるM&Aでは、市場シェアの拡大や、技術・ノウハウの取得、経営効率の向上などのメリットがあります。M&Aを成功させるには、M&Aの専門家への依頼が不可欠でしょう。

ヘルスケア業界におけるM&Aを検討している人は、さまざまな成功事例を持つ「M&Aベストパートナーズ」にご相談ください。

著者

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

M&Aベストパートナーズのマガジン編集部です。

M&Aストーリー

M&Aを実施する目的や背景は多岐にわたって存在するため、
ひとつとして同じ案件や事例は存在しません。

Preview

Next

製造、建設、不動産、
医療・ヘルスケア、物流、ITのM&Aは
経験豊富な私たちがサポートします。