2023年6月12日

M&A戦略とは?必要性や基本的な流れについて詳しく解説します

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

Twitter Facebook
M&A戦略とは?必要性や基本的な流れについて詳しく解説します

近年ではM&Aを行う企業が増えつつあります。

要因としては、後継者問題や経営不振が挙げられるでしょう。

M&Aはメリットもありますが、デメリットも存在します。正しく理解したうえで戦略を立てなければ、失敗する可能性もあるでしょう。

今回は、M&A戦略が必要な理由や立案の方法、注意点について詳しく解説します。

M&A戦略とは

M&A戦略とは

M&A戦略とは、企業が合併や買収を通じて成功を目指すために立てる戦略のことです。

M&Aは、企業同士の統合や他社の買収によって業績や競争力を向上させる手段を指します。

M&A戦略では、まず明確な目的を設定し、それを達成するための戦略を構築することが必要です。設定する際には、業界や市場の分析、競合他社との比較などを行います。

近年では、既存事業の成熟・市場の変化により、未開拓領域での事業展開やグローバル進出を目指すM&A戦略が増えました。このことからM&A戦略は、大企業同士の合併だけでなく、大企業が新しい市場・技術を持つベンチャー企業を買収する場合や、中小企業同士が統合する場合にも立案する必要があるといえるでしょう。

M&Aを成功するには、企業が受け身ではなく能動的なアプローチを取ることが重要です。

M&A戦略が必要とされる理由

M&A戦略が必要とされる理由

M&A戦略は、企業の目的によって異なります。

そのため、戦略を立案しないままM&Aを行うと失敗する可能性があるでしょう。成功に近づけるには、適切なM&A戦略の立案が必要です。

例えば事業継承を望む場合、M&Aは企業の継承や事業領域の拡大が期待できます。他社の技術や資産、ブランド価値を取得することで、企業の成長が促進できるでしょう。

市場規模の拡大を目指す場合、M&Aは効果的な手段となります。競合他社の買収により、市場シェアを拡大し、新たな顧客層へのアプローチが可能です。また、新たな地域や国に進出するための基盤を整えられます。

さらに、サプライチェーンの補強を目指す場合、M&Aは供給ネットワークの拡大や効率化に役立つでしょう。他社の技術・リソースを統合することで、自社の生産能力や物流体系が向上可能です。 これらの目的を達成するには、M&A戦略の「明確な策定」が必要といえるでしょう。

【3ステップ】M&A戦略の基本的な流れ・要点

M&A戦略の基本的な流れ・要点

次に、M&A戦略を実行するための基本的な3つの流れについて解説します。

 

ステップ1:M&Aを行う目的を考える

M&A戦略の基本的な流れの1つ目は、M&Aを行う目的を考えることです。このステップでは、以下の要点を押さえておきましょう。

まず、自社において強化が必要な経営資源を明確にしましょう。自社の分析を通じて、現時点の状況を正確に把握し、市場を調査します。自社の強み・弱み、業界のトレンドや競合状況を分析し、M&Aを通じてどのような戦略的利点を獲得できるのかを考えましょう。

次に、M&Aを行う目的を明確にし、なぜM&Aが必要なのか、他の達成手段がないのかを検討します。自社の成長戦略やビジョンに合致し、戦略的な目的を達成するためにM&Aが最適な手段であることを確認します。 さらに、M&Aを実施した場合にどのような経営資源が得られるのかを考え、具体的な成果物やシナジー効果を予測しましょう。こうすることで、明確な目標設定と期待される成果を持つM&A戦略が策定できます。

 

ステップ2:M&Aの他社の獲得方法を考える

M&A戦略の基本的な流れの2つ目は、M&Aの他社の獲得方法を考えることです。

このステップでは、以下の要点を押さえておきましょう。

まずは、他社を獲得するまでのシナリオプランニングを考えます。自社の戦略的目的やリソース状況に基づき、M&Aのプロセスやタイムラインを設計しましょう。

次に、M&Aの対象となる企業を絞り込むために、慎重な選定プロセスを行います。業界や市場のトレンド、競合他社の動向を分析し、相性や戦略的な利点を評価します。対象企業をどのようなM&Aで獲得するのか検討し、買収や合併、戦略的な提携などの手法を選択しましょう。

また、自社と統合するまでの具体的な流れを明確化し、統合計画を策定します。これにより、効果的なM&A実施のためのプランと手法が確立できるでしょう。

 

ステップ3:M&Aを行う予算・コストの算出を行う

M&A戦略の基本的な流れの3つ目は、M&Aを行う予算・コストの算出を行うことです。

このステップでは、以下の要点を押さえておきましょう。

M&Aを実行する際の予算・コストを予想し算出します。

買収価格や関連する経費、法務、コンサルティング費用、統合に伴う人員配置など、さまざまなコストを考慮します。

会計・財務の専門知識を踏まえ、財務モデリングやリスク評価を行い、M&Aの財務的な側面を詳細に検討しましょう。

また、対象企業への打診を行い、交渉や契約に向けた準備を進めます。資金調達や資本構造の最適化、財務上のリスク管理なども考慮し、予算・コストに関する最終的な確認を行いましょう。

以上のステップを行うことで、M&A戦略を立案できます。各ステップで慎重な検討と計画策定を行い、成功への道筋を明確にすることがポイントです。M&A戦略の実行には、経営陣や専門家の協力、市場・競合の継続的なモニタリング、柔軟性とリーダーシップの持続的な発揮が求められます。

M&A戦略を立てる際の注意点

M&A戦略を立てる際の注意点

M&A戦略を立てるには、以下の2つの注意点を押さえておく必要があります。

 

目的・必要性を考える

M&Aは、事業の成長や市場シェアの拡大、経営資源の強化などのメリットが得られる一方で、費用やリスクの増大、統合の困難さなどのデメリットも存在します。

そのため、M&Aを行う目的とその必要性を明確にすることが重要です。

明確な目的を持たずにM&Aを進めると、結果として得られるメリットが少なくなってしまう可能性があります。そのため、目的・必要性を慎重に検討し、戦略的な目標に合致するかを判断するようにしましょう。

さらに、他の手段や選択肢も検討し、M&Aが最適な解決策であるかを考慮することが重要です。全体的なビジネス戦略や長期的な成長計画との整合性を確保しながら、目的・必要性を明確にすることで、成功につながりやすくなるでしょう。

 

M&Aに関する知識を深める

先述した通り、M&Aにはメリットだけでなくデメリットも存在します。

これらを最小限に抑えるには、M&Aに関する知識を十分に習得し、対策を講じる必要があるでしょう。

M&Aの実施手法や適切な評価方法、財務面・法務面など、幅広い知識を習得することが重要です。

M&Aに関する知識を深めることで、問題や障害に迅速かつ適切に対処し、戦略的な判断が下せるでしょう。知識の習得と学習は、M&A戦略の成功に向けた基盤となるため、積極的に取り組むべきです。

まとめ

M&Aは、日本企業において続々と増えつつあります。

しかし、M&Aの成果を得るには、売却または買収後の展開を考慮した戦略を策定し、最後まで目的を見失わずに実行することが重要です。

M&Aで大きな成果を得るには、専門的な知識が必要になります。

M&Aに関する疑問や悩みをお持ちであれば、専門知識と豊富な経験を持つM&Aベストパートナーズへお気軽にご相談ください。

著者

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

M&Aベストパートナーズのマガジン編集部です。

M&Aストーリー

M&Aを実施する目的や背景は多岐にわたって存在するため、
ひとつとして同じ案件や事例は存在しません。

Preview

Next

製造、建設、不動産、
医療・ヘルスケア、物流、ITのM&Aは
経験豊富な私たちがサポートします。