2023年10月17日

機械業界の将来性とは?データを基に今後の動向について解説します

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

Twitter Facebook
機械業界の将来性とは?データを基に今後の動向について解説します

機械業界では、再編や海外展開を目指した大手企業のM&Aが増加中です。

一方で、中小企業では、人材不足や技術的なスキル変化への適応、後継者問題といった課題に直面しており、解決策としてM&Aを活用するケースが増えています。

機械業界への参入を検討している人であれば、将来性について気になるでしょう。

そこで本記事では、内閣府から公開されているデータに基に、今後の機械業界の動向や、M&Aの成功事例について紹介します。

機械業界に将来性はあるのか

機械業界に将来性はあるのか

まずは、機械業界とはどのような業界を指すのか、定義と将来性について解説します。

 

そもそも機械業界とは

機械業界とは、さまざまな機器の製造、開発、販売などに携わるビジネス全般のことです。

日本標準産業分類では「製造業」の一種と位置付けられていますが、具体的な区分は取り扱う機器の種類によって異なります。取り扱う機械の種類は、工作機械からOA(オフィスオートメーション)機器、医療機器、建設機械などです。

具体的には、以下のように分けられます。

工作機械金属やプラスチックなどの加工を行うための機械
旋盤やボール盤などが含まれる
OA機器オフィスワークを効率的に行うための機械
コンピュータやプリンタなどが含まれる
医療機器診断や治療などの医療活動を支援する機械
CTやレントゲン装置などが含まれる
建設機械建築や土木工事などの現場で使用される重機や装置
ブルドーザーやクレーンなどが含まれる

このように、機械業界は人々の生活や産業活動に密接に関わっています。

 

機械業界は将来性のある業界

結論からいうと、機械業界は将来性がある産業です。

近年では、AIやIoTの技術が進展するなかで、さまざまな業界で自動化や効率化の重要性が高まっています。特に、高度な専門知識や精密な技術が要求される分野では、人間に代わる機械の存在が必要です。

さらに、ビジネス環境における機械化の動きが活発化しています。企業は生産性向上やコスト削減を目指し、機械を積極的に導入する傾向が強まっています。そのため、機械業界では今後さらなる需要増加が見込まれるでしょう。

また、新たな技術の導入や製品の開発により、高性能な機器を求めるニーズが高まっているため、業界はさらなる成長を続けるはずです。

データからみる機械業界の将来性

次に、内閣府が公開したデータを基に機械業界の将来性について解説します。

 

機械受注総額は安定している

内閣府が公開しているデータによると、2023年4月~7月までの期間において、月間2.5~3.0億円を受注していると発表されています。

ここ3年にわたる機械受注総額の推移をみると、2020年度に大きく下落していますが、徐々に増えつつある状況です。

機械受注総額は安定している

(引用元:内閣府|令和5年7月実績:機械受注統計調査報告

上記結果の背景には、多くの産業が機械を活用し、製造・生産プロセスを効率化する傾向があるといえます。特に、近年の技術の進歩により、高性能で精密な機械が求められており、それに伴い需要が拡大していると考えられるでしょう。

また、製造業や建設業を含む多くの分野では、自動化やIoT技術の導入が進んでいるため、これらに関連する業界ではニーズが高いといえます。

 

高齢化により就業者数は減少し続けている

平成14年時点の製造業就業者数は約1,200万人でしたが、令和4年時点では約1,000万人まで減少しています。

この減少の背景には、少子高齢化が大きく影響していると考えられるでしょう。

日本では高齢者の割合が増えており、若年層が減少しています。この人口構造の変化は、機械業界にも大きな影響を与えていることから、今後も就業者数の減少が続くと考えられるでしょう。

機械業界では、効率的な生産を維持するために、新たな技術や自動化の導入が進んでいますが、人手不足が課題です。この課題を解決するには、教育や技術研修の充実、労働環境の改善など、さまざまな取り組みが必要でしょう。

機械業界には不安要素もある

機械業界には不安要素もある

機械業界では、人手不足のほかにも不安要素があります。

機械業界で成功するには、不安要素を解消できる打開策を練っておくことが必要です。

以下では、機械業界における不安要素について解説します。

 

海外メーカーの台頭

生成AIの普及に伴い、アメリカや中国の機械メーカーが急速に成長しています。

さらに、台湾やインドなどのメーカーも技術力を向上させており、日本の技術的な優位性が相対的に薄れつつあるでしょう。

競争が激化するなか、海外メーカーに対抗できなければ、機械受注額の減少につながってしまいます。解決策として、海外メーカーとの差別化を図ることが必要でしょう。

海外メーカーとの競争力を維持するには、さらなる成長が求められます。そのため、機械業界では、積極的な戦略の見直しと技術の進化が必要といえるでしょう。

 

関連業界の景気悪化の影響

機械業界は、さまざまな業界や産業と密接に関わっています。

そのため、関連業界の景気が悪化すれば、機械業界にも影響が及ぶ懸念があります。

例えば、高齢化に伴い建設業界での廃業が進んだ際には、建設機械の受注額が減少する可能性があるでしょう。

このような関連業界との連動性は、機械業界の成長にも影響します。そのため、関連企業との協力関係を築きながら、相互の成長を支える仕組みの構築が必要です。

 

就業者数の減少による人手不足・後継者問題の深刻化

先述した通り、将来的な就業者数の減少が強く懸念されています。

そのため、改善できなければ、機械業界における人手不足が深刻化する可能性があるでしょう。特に、高度な技術や専門知識が必要な分野では、適切な人材の確保が難しくなると予測されます。

さらに、後継者問題も深刻化する可能性があるでしょう。技術者や職人の維持が困難になれば、伝統的な技術やノウハウを失うリスクが高まります。その結果、企業の存続が危ぶまれる可能性があるでしょう。

このような事態を避けるには、教育・研修制度の充実や若手人材の育成が必要です。もし、機械業界に参入するのであれば、人材の育成と継承に積極的に取り組みながら、将来の発展に備える必要があります。

 

機械業界で今後生き残るための解決策

機械業界において、今後生き残るには以下で紹介する対策を講じることが大切です。

機械業界への参入を検討している人は、必ず理解しておきましょう。

 

FA(ファクトリーオートメーション)の推進

人手不足を採用戦略だけで解決するのは、人口減少が続く日本において現実的ではありません。少ない人手でも効率的に生産を行うには、FA(生産工程の自動化)の推進が必要といえるでしょう。

FAでは、IoT機器などの先端技術を活用して、工場の生産プロセスを自動化し、効率的に運用します。

これにより、限られた人手でも最大限の生産性を引き出すことが可能です。特に、製造業においては、高度な技術や精密な作業が求められるため、自動化の導入は極めて重要となるでしょう。

FAの推進には、企業が積極的な投資と技術導入が求められます。導入までのハードルは高いかもしれませんが、生産性の向上や競争力強化といった面で大きな効果を得られる可能性があるでしょう。

 

M&Aによる他企業との統合

M&Aは、企業がほかの企業を買収または合併する戦略的な手法です。

このアプローチを用いることで、人手不足や後継者問題の解決が期待できます。

M&Aを通じて、ほかの企業を統合すれば、その企業が保有する技術やノウハウ、優秀で経験豊富な人材を自社に取り込めるでしょう。その結果、自社の競争力向上を実現できるため、さまざまな課題を解消できます。

さらに、M&Aによる拠点の統合や業務の効率化を進めることで、コスト削減を図るうえでも効果的です。重複する機能を統合することで無駄な経費を削減できれば、生産性を高められるでしょう。

機械業界で注目されているM&Aの事例

機械業界で注目されているM&Aの事例

機械業界における、M&Aの成功事例について気になる人も多いのではないでしょうか。

以下では、M&Aで成功した事例を2つ紹介します。

 

A社とB社のM&A

2020年12月、A社はB社の全株式を取得して、完全子会社化することを公表しました。具体的な取得価額は非公表ですが、このM&Aにより両社の経営を一体化しています。

B社は、微細加工プロセス用評価・製造装置の開発、販売を行う企業です。この買収により、A社はB社の高い技術力と専門知識を取り込むことに成功しました。

今後、A社は自社の経営資源を投下し、B社の知見を活かした新しい機器の開発を積極的に進める予定です。

 

C社とD社のM&A

2018年11月、C社は、TOB(Take Over Bit=株式公開買付け)により、D社を完全子会社化しました。

D社は、事業の失敗や経営陣の混乱に直面し、その克服のためにC社に支援を求めています。C社は、積極的なM&A戦略を通じて成長してきた企業であり、要求に応えてD社の買収を決断しました。

このM&Aにより、両社の強みを結集し、新たな市場での競争力を強化につながっています。また、事業の効率化やリソースの最適活用を通じて、持続可能な成長を目指す成功例です。

まとめ

機械業界では、さまざまな目的でM&Aが行われています。

今後も国内外の競争が激しくなると予想されるため、参入するのであれば課題や対策法について正しく理解するようにしましょう。

また、機械業界における課題の解決策として、M&Aは有力な方法といえます。

M&Aを実施することで、人材確保やノウハウの確保が不要となり、空いた分のリソースを新しい事業に投下できるでしょう。

M&Aを自社だけで進められるか不安であれば、M&A・事業継承の実績が豊富な「M&Aベストパートナーズ」へお気軽にご相談ください。

著者

MABPマガジン編集部

M&Aベストパートナーズ

M&Aベストパートナーズのマガジン編集部です。

M&Aストーリー

M&Aを実施する目的や背景は多岐にわたって存在するため、
ひとつとして同じ案件や事例は存在しません。

Preview

Next

製造、建設、不動産、
医療・ヘルスケア、物流、ITのM&Aは
経験豊富な私たちがサポートします。