株式会社M&Aベストパートナーズ | MABP Inc. >

製造業界のM&A

製造業 M&A動向

製造業全体の利益の伸び率は2012年にプラスに転じており、2016年に減速したものの、2017年には持ち直しており、世界的に経済が復調し、堅調な設備投資額を背景に、国内の製造業も徐々に力を取り戻しつつあります。

一方で物流や生産の効率化を狙ったM&Aや、仕入先及び販売先への影響力の拡大を狙ったM&Aは依然として多くございます。

また最近では商社が高い付加価値を有するメーカー機能を求めて、製造部門を買収するケースも目立ちます。そのような背景の中で、製造業のM&Aは高い水準を維持するものと考えられます。

製造業 M&Aのポイント

生産設備の状況

  • 製造業の大きな特徴の一つに、生産するための設備及び土地建物を保有していることが挙げられます。そのため、土地建物の評価が必要になるのは当然ですが、更には生産設備の状況も見る必要がございます。古くなっている機械をメンテナンスして使用している場合、設備更新の際にどの程度の投資が必要になってくるか、最新設備を入れた場合に、どの程度の効率化が図れるのかなども譲受企業が見るポイントになります。

製造技術・生産能力

  • どの程度の製造技術を有するのか、生産能力を有しているのかもポイントとなります。技術力に裏付けをされた有力な製品がある場合は、M&A後も成長が見込めますので、大きな売上増が期待できますが、それらを生産する人的な余力、設備的な余力を精査する必要がございます。 またM&Aにより製造技術や生産能力が統合された結果、「よい高い付加価値のある製品を製造できるようになるか」、「独自性に優れたビジネスモデルに変革できるか」もポイントになります。

販売先・仕入先の状況

  • どのような販売先、仕入先と取引をしているのかは確認が必要になります。 新たな口座を開設して、取引を始めることよりも、双方が有する取引先を活用する方がメリットがございます。 また取引先が同様のケースでも数量の増加による影響力拡大が期待できますので、より良い条件での仕入、販売が可能でございます。 注意すべき点は、両社が一緒になることで、取引が無くなる場合もございますので、その点は慎重に議論する必要がございます。

製造業 M&Aのメリット

売り手のメリット
承継問題の解決
借入金の個人保証の解除
設備投資の拡充
製造及び物流の効率化
仕入先、販売先への影響力の強化
買い手のメリット
自社には無い技術力、ノウハウの獲得
製造及び物流の効率化
仕入先、販売先への影響力の強化

担当役員のプロフィール

代表取締役社長齋藤 達雄

大学卒業後、大手証券会社にて中堅中小企業向けに資産運用コンサルティングに従事。その後、大手M&A仲介会社のM&Aキャピタルパートナーズ株式会社に入社、金属加工業、建築資材製造などの製造業の成約に関与。その他食品、リース業界、工事業界、介護業界などのM&A仲介を担当。2018年、中堅中小企業の事業承継問題解決のため株式会社M&Aベストパートナーズを設立。

無料価値査定はこちら

製造業界に特化している弊社が、製造業界の状況や過去の成約実績を踏まえ、実態に即した価値算定を無料でご提供しております。

  • 1
  • 2
  • 3

次へ

  • 1
  • 2
  • 3

次へ
←戻る

  • 1
  • 2
  • 3