株式会社M&Aベストパートナーズ | MABP Inc. > 製造業のM&A > サノヤスホールディングス、電力関連機器メーカーのハピネスデンキを子会社化

サノヤスホールディングス、電力関連機器メーカーのハピネスデンキを子会社化

2019年12月12日

サノヤスホールディングスは、電力関連機器メーカーのハピネスデンキ
(東京都大田区。売上高キ31億1000万円、営業利益1億8500万円、純資産6億7200万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

ハピネスデンキは1919年に創業。動力制御盤や分電盤、配電盤などを製造し、官公庁や大学、大型ビル、空港などに多数の納入実績を持つ。

サノヤスは造船・プラント事業を主力とするが、ハピネスを傘下に取り込むことで、第2の柱である各種産業機器事業の基盤強化につなげる。

取得価額は非公表。取得予定日は2020年1月6日。

製造業のM&Aの他直近事例