株式会社M&Aベストパートナーズ | MABP Inc. > 製造業のM&A > サカイオーベックス、制御盤メーカーの攝津電機工業を子会社化

サカイオーベックス、制御盤メーカーの攝津電機工業を子会社化

2019年11月12日

サカイオーベックスは、制御盤や配電盤の設計・製作を手がける攝津電機工業
(大阪府箕面市。売上高18億2000万円、営業利益8250万円、純資産3億5900万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

サカイは染色事業を中核とし、周辺繊維事業の強化による業容拡大を基本戦略とする。
その一方で、非繊維事業ではとりわけ制御機器事業を重点分野として競争力向上に取り組んでいる。
専業メーカーの攝津電機を傘下に収め、制御機器事業の拡大とともに、人材や技術ノウハウを取り込むことが可能と判断した。攝津電機の設立は1972年。

取得価額は非公表。取得予定日は2019年11月19日。

製造業のM&Aの他直近事例