株式会社M&Aベストパートナーズ | MABP Inc. > 不動産業のM&A > 【創業20年程の不動産業】今後の成長に難しさを感じ、株式譲渡によるM&Aを実施

【創業20年程の不動産業】今後の成長に難しさを感じ、株式譲渡によるM&Aを実施


譲渡企業は、不動産仲介及び分譲住宅事業を主体とする地場の不動産会社。
急成長に伴い、個人オーナーの個人保証では、借入資金が追い付いてこず、今後の成長に関して難しさを感じていた。
譲受会社は、関東を中心に展開する分譲住宅会社。九州エリアへの進出を模索していた。
譲受側の豊富な資金力をバックに、更なるの成長を目指す。

不動産業のM&Aの他直近事例